二の腕の脂肪吸引は人気|モデルのような顔になれる美容外科で明るい未来を生きよう
レディ

二の腕の脂肪吸引は人気

ナース

二の腕に悩む人は多い

女性にとって、体型の悩みというのは誰にでもつきまとうものです。太もも、お腹など贅肉が気になる箇所は数多くあります。その中でも、年齢を重ねるごとに悩む傾向がある箇所が、二の腕です。二の腕に脂肪が多く付きすぎて、水着やノースリーブを着るのが憚られる女性は多いです。二の腕は意識して動かさないと、すぐに筋肉が衰えてたるんでしまいます。よって、とても脂肪がつきやすい箇所といえます。福岡の美容外科では、二の腕を細くするための脂肪吸引が人気です。施術方法は、肘に管を注入するために数ミリくらい切開します。そこから、レーザーを照射して脂肪を溶かして柔らかくしていきます。そして、脂肪を吸引していくのです。二の腕の脂肪は、もともと硬いので、事前に柔らかくする事で吸い取りやすくなります。その結果、脂肪吸引にありがちな皮膚がデコボコになるリスクを防ぐ事ができます。また、レーザーの熱で皮膚が引き締まるので、たるみが出る心配も軽減されます。一度、福岡の美容外科で脂肪吸引を行うと、脂肪細胞自体が減ります。そのため、体全体の体重が増えても、脂肪吸引した二の腕だけは太りにくくなります。麻酔で痛みを感じずに行えるので、二の腕に悩んでいる人には最適です。

施術後に行う事

二の腕は、頑張ってダイエットをしても思うように細くできないことが多いです。しかし、福岡の美容外科で行っている脂肪吸引を受ければ、確実に痩せることができます。ただ気をつける事は、施術後に吸引箇所をきれいに保つための努力をすべき事です。そのひとつが、患部を美容外科でもらったサポーターで圧迫することです。術後1週間くらい、お風呂に入るとき以外はサポーターをつけっぱなしにします。圧迫する事で、吸引した部分の腫れ、赤みなどのダウンタイムを早く抑える作用があります。さらに、皮膚がでこぼこになるリスクを避ける効果もあります。もう1つ術後にやらなければいけないのが、患部のマッサージです。これは、福岡での施術から一週間が経過したくらいで行います。術後はまだ患部がデリケートな状態なので、マッサージは控えるべきだからです。マッサージをするタイミングは、お風呂あがりの一番血のめぐりが良い時が最適です。二の腕の血行をよくするために、手の平で優しくマッサージしていきます。最適でも3か月ほど続ける事で、二の腕の皮膚がとても滑らかなラインに仕上がります。脂肪吸引は、ただ施術を受ければ効果があるわけではなく、術後の過ごし方も大事といえます。