頬や顎のたるみを解消する|モデルのような顔になれる美容外科で明るい未来を生きよう
レディ

頬や顎のたるみを解消する

医者たち

今注目されている整形法

若い頃と比べると、年齢を重ねるにつれて肌のたるみが目立ち始めます。これは、紫外線や加齢で肌のハリを保つコラーゲンがだんだんと減ってしまうからです。肌のたるみを根本的に解決するためには、整形施術が最も効果的です。整形というと、皮膚を切らなければいけないので怖いと感じる方も多いです。しかし、福岡の美容外科には、皮膚を切開せず、特殊な糸でたるみを解消する施術があります。それは、3Dリフトという高いリフトアップ効果が期待できる施術です。施術方法は、まずたるみが気になる部位に円錐形の物体のついた糸を数本挿入していきます。そして、糸の力でたるんでいる皮膚を引き上げて、こめかみにある筋膜に固定します。糸でたるみを引き上げるだけでなく、皮膚に刺激を与えて糸の周囲にコラーゲンを形成できます。その結果、肌の弾力向上、高いアンチエイジング効果を期待できるというわけです。糸を肌に入れるので、安全性を心配する方がとても多いです。ただ3Dリフトで使用される糸は、すべて吸収性の素材でできています。したがって、施術をしてからおよそ2年で体内に自然に吸収されていきます。皮膚内にいつまでも糸が残ることがないので、体に悪影響はないです。ダウンタイムも少ないので、興味のある方は福岡の美容外科で相談することをお勧めします。

施術後の過ごし方

3Dリフトは、メスを入れるフェイスリフトと比べると、腫れなどのダウンタイムは少ないです。安全性も高いので、比較的、気軽に受けることができる治療です。ですが、3Dリフトは、治療後、糸を肌に馴染ませるために数ヶ月もかかります。そのため、福岡の美容外科での施術直後は、肌に違和感を覚えることが多いです。たとえば、大口を開ける、マッサージなどで、肌に痛み、ツッパリを感じます。また、施術を行った箇所へ刺激を与えると、糸がずれる可能性があります。なので、なるべく刺激を与えずに安静に過ごす事が大事です。それと、福岡の美容外科での施術後は食事にも気を使う必要があります。食事で固いものを食べると、顎を大きく動かして強く噛むことになります。すると、せっかく挿入した糸がずれる恐れがあります。したがって、施術後はなるべく柔らかい食品を食べる事が大事です。皮膚内に挿入された糸は、施術直後は不安定な状態にあります。施術を受けた本人は、なかなか糸が馴染んでいるか判断できないものです。そのため、日頃から意識して、大きな刺激を与えないように注意して生活する必要があります。やって良いのか判断がつかない場合は、すぐに担当の医師に相談するといいです。